スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
似た者親子
- 2008/04/26(Sat) -
Library - 20328
プリスクールのない社長の一人遊び
子供の後ろ姿に惹かれるあたし。なんだか一生懸命さが伝わってきて抱きしめたくなる。
そういう話をすると、いつものように勘違い男(我が家の成人男性です)が妙に私に背をむけてくる。だーかーらー、大人の背中には惹かれないのです、私。


Library - 20324
一人で笑う。思い出し笑いでもしているのか?
4歳でも思い出し笑いはするのだろうか?とふと思う。
キングはよ~~~く何かを思い出しては笑ってるけどね。

Library - 20326
「んんんんん~~~~~~~~」
キス好きな社長、キスしたいらしい。
最近、食卓でキングに負けじとペラペラとよく話す。(話しすぎる)
話すことがなくなると、とりあえず誰かの名前を呼んで、それから話す内容を考える。
といってもなかなか話すことが思い当たらないらしく
「うーーーーーんん、、、ダディのこと好き!」とか言ってごまかすことに。
キングと社長とハズと・・・無口なのは私だけ~



階段は恐竜たちで埋め尽くされ
Library - 20335
小さな恐竜を踏んだあたしゃ、突き刺さった恐竜にびっくら~
どうしてこういう所で遊ぶのが好きなんだろう???


Library - 20343
流し目だし。



Library - 20349
キングが帰ってきたら、レゴまでも階段に並べられ・・・
踏んじゃいかんと細心の注意を払いながら階段の上り下りを強いられた。
帰宅したハズも「ぎゃお~ん」と叫んでいたので何かを踏んだにちがいない。






ちょっとイタズラ。「あっっ」と天井を指差すと
Library - 20353
上を見上げるギャング兄弟!!

キング、何故に鼻の下を伸ばす?(笑)



キングお迎え時に竜巻警報が出た。
外は真っ暗になり、社長は『夜だよ~ お家に帰るよ~』と語り続けた。
大雨で前が見えにくいのに、この「語り」のおかげで集中ができなく冷や冷やもんだった。

学校の駐車場はお迎えの車でごった返していた。運良く駐車できた私は
たまたま乗り合わせていたハズに校舎内からキングを連れてきてくれるように頼んだ。
通常なら外で待っているのだが、竜巻警報が出されていたので全生徒が校舎内で待機していたのだ。

・・・・・5分経過
・・・・・・10分経過

殆どの保護者と生徒が帰っていった。
ごったがえしていた車もすっからか~んとなった。
そこへ、やっと校舎からでてきたハズ。キングの姿は見当たらない。

「キングが見つからない・・・・・もう一度行ってくる。」

そう言ってまた校舎に入っていった。

・・・・・さらに5分
・・・・・・そして10分


心配度100%になった時、親子でやっと出てきた。


「ダディったら、僕の顔とダディの顔が見たのにどこかに行っちゃったんだ。」
「いや~、覚えてないな~。本当か」
「う~~~ん、たぶん」


覚えてない???
たぶん???

似た者親子とはこのこと。


私もゆっくり社長の語りを聞かせていただきましたとも(涙)


似た者親子と語る社長とおもちゃが足の裏にささった私。
応援クリックいただけると皆でよろこんじゃいます~
ここをお願いしま~すbanner_02.gif
Thanks!

スポンサーサイト
この記事のURL | 我が家の事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。