スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「おっぱい」があるかないか
- 2006/04/21(Fri) -
P1020212.jpg
外に出る時間が圧倒的に多くなるこの季節の晩ご飯は簡単をモットーにです。
豚の生姜焼きをご飯にのせて。これにサラダ、粉ふきいも、お味噌汁をつければいいかな




「あるーーーーー」
「なあいーーーーー」

「あるぅぅぅぅぅぅーーーーー」
「ないぃぃぃぃぃぃーーーーー」

「があぁぁぁぁぁぁーーーーー」
「があぁぁぁぁぁぁーーーーー」

いつもの様に言い争い。
だがいつもよりちと激しい。
もうちょっとで「とっくみあいかあ?」の勢いだった。


原因はというと
おっぱいがあるかないか。

アマティ論
「大きさには大小はあるが誰にでもおっぱいはある。
 アマティと夢はちっちゃいおっぱい。」

夢論
「自分にはおっぱいはない。アマティがおっぱいと言ってるものはおっぱいではない。」


アマティさん、ちと違うような。。。。
彼の頭の中に一旦インプットされた「おっぱい定義」は消えないらしい。
以前、ハズに「それはおっぱいではない。」と訂正されていたが
やはりアマティにとっては「おっぱい」は「おっぱい」なのである。

ギンギンぎらぎらな瞳の二人がこっちを見つめる。
「母はなんと言うのだろう。どっちが正しいのか。」
きっとドキドキしながら待ってる。

ここでアマティの「おっぱい定義」を覆せば
アマティはかなりのショックを受けるにちがいない。
マイブリーフケースをもって家を出てくふりなんかするだろう。
兄としてのプライドもバラバラだろう。
P1020191.jpg


一方の夢は「おっぱい」についてはさほどの執着もないであろう。
とりあえず丸くおさまればいいはずだ。
とりあえずアマティと反対の事を言わないと気が済まないのだし
他のことに気がいけば言い争いなんかけろっと忘れるはず。
P1020207.jpg



そして
ああ、なんてグットタイミング!
いつもは「憎っくき巨大あり」(最近、我が家に出没する傾向にある。。本当にでっかい。)がのこのこと床をあるいているではないか!
自称「蟻ハンター」のアマティとそのアシスタント(もっぱら威嚇の声をだす人ね)へ叫ぶ私
「ありーーーーー!ありがでたよ。アマティ、夢、出番だよ。」
「オッケー」
二人はいつも蟻を捕まえるプラスティックの入れ物を持ってきて
仲良く蟻捕獲に専念している。
蟻を捕まえた後は自慢げにその蟻を私に見せトイレへと流した。(こうしないと帰ってくるらしいです。)
そして言い争ったことなんか忘れて仲良く遊んでいる。
いつもは喧嘩をした後は仲直りに「ごめんね」と言い「ハグ&キス」をするのだが今日はこのままで。
P1020197.jpg



シャワーの時にアマティに
「おっぱいってのは・・・・」と説明すると「へえ~~~、じゃあ僕にはおっぱいがないんだね。夢にもダディにもないんだね。」と納得しておりました。
あーあ、、、
アマティの「おっぱい定義」もなんだか微笑ましくてかわいかったのにな~。



今日も最後までのおつきあいどうもありがとうございました。
さようならの前にクリックを頂けるととっても嬉しいです。励みになります。よろしく!
Click Herebanner_02.gif

Thanks!
スポンサーサイト
この記事のURL | アマテイ録+夢録 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。