スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ミステリアスな物件ツアー
- 2006/03/19(Sun) -
P1010376.jpg
Sleepy,Sleepy,Sleepy・・・・・・・・




今日も物件を見に行った。
時間通りにお目当ての家につくと大家さんが家の前で待っていた。
明るいおじちゃんであった。

早速、家の中に入ってみると
ぷ~~~ん、異臭!

思わず鼻を覆った。
ハズを見ると花粉症で麻痺しているはずの鼻を手で覆っている。
大家さんもたじたじになりながら鼻を覆っている。

臭いのに加え、
家の中はというと「足の踏み場のないハズのあなぐら」なんか比べられない程
散らかっていた。
子供がいるらしくおもちゃなんかもあちこちに散乱している始末。
化石化してからっからっっになった子供の食事もテーブルの上にあった。

大家さんはショックを隠せない。
こんな家を見せて悪かったっと何度も謝っていた。

とりあえず2階へとあがっていくとやっぱり凄まじい光景が、、、、。
子供部屋に行くと
夢よりやや小さめの何かが毛布にくるまれてベビーベットに寝かせられていた。

大家さん、ハズ、私は思わずとまった。

「こ、これ何?」
「まさかね!」
「まさか~」

アハハハハハ・・・・と笑う私ら。

しかしこの匂いとこの散らかり様は・・・・心臓がバクバク鳴っていた。

おそるおそる大家さんが毛布をつかもうとしたとき
アマティが走りよってきて
がばっっとその毛布をめくった。

「おおおお~~~~~のおおおおおおおおおおおお!きゃ~~~~~」
とジャンプする大家さん。

「うおおおおおおおおおお~」と私に抱きつくハズ

「でた~」と私。

「ぎゃあ~~~~~~~~~~~」と私の足にしがみつく子供達



しかし
毛布からでてきたものは
ぶさいくな赤ちゃんの人形だった。


アハハハハハ・・・・・・・・・・・・・・
安堵から笑う同士たち。
大家さんとは心が通ったものの、この家には帰ってくる事はないであろう・・・



今日も最後までミステリアスな物件ツアーのお話を聞いてくれてありがとう。
さようならの前に応援+励ましのクリックをいただけたら嬉しいです。
click herebanner_02.gif


ダイナーソーのパズルを一人で完成することができた夢!
P1010372.jpg

Thank you
スポンサーサイト
この記事のURL | 引っ越し日記 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。