スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
でちゃった~ばあば!
- 2006/02/19(Sun) -
アマティオンリーアマティ+夢のコンサート
P1010018.jpg
熱唱するアマティと演奏を強要される夢
P1010017.jpg
自分の歌に陶酔(君はジャイアンか!)するアマティと休む事なく演奏を強要される夢「あ~つかれた」
P1010019.jpg
こき使われ疲れ果てて休憩をとる演奏者「ちょっと一息・・・」




母がこの世ともおさらばをした年の10月5日。
その日はアマティの2歳のお誕生日だった。

朝早くにアマティが私達の部屋にやってきた。

「マニー(あの頃彼は私の事をマニーと呼んでいた。)ばあば、ばあば。」

「ばあば???」

「ばあばいた。ばあばいた。」

ばあばが大好きだったアマティは大はしゃぎ。
ハズと顔を見合わせる私。
この日に限ってばあばの話を突然するなんて不思議だ。
『ばあばいた。ばあばいた。』って??????

「ばあばに会ったの?」
「うん。ばあばいたの」

ついにばあばでちゃった???
かわいいかわいい孫のお誕生日にたまらずにでてきたのだろうか???

無神論主義者で、そういう事は一切信じないハズでさえも
目を白黒させていた。

なんだー、そこまできてくれたんなら私にも会いにきてくれても
いいのにな~。
この事はあの人に言うのはやめとこう。
2歳の孫に「どうやったら会えたんだー」なんて泣きつかれちゃたまんないしなー。

しかし、これはでちゃったのか?
それともアマティ2歳の思い違いか?

いや、孫のお誕生日に「おめでとう」を言いにでてきてくれたんだろう。
そう信じている私。ありがとう、、、和さん!!
(実は私のハンドルネームの和は母の名前にちなんでつけさせていただいております。)


今日も最後までのおつきあいどうもありがとうございました。
ばいばいの前に応援+励ましのクリックをしてくれたら嬉しいです。
これが私の元気の素になっております。
Click Herebanner_02.gif

Thanks!!
皆さんのブログにはおじゃまして楽しい記事を読ませていただいておりますが
バトル生活の為にコメントを残さずじまいの時もあります。ごめんなさい!
スポンサーサイト
この記事のURL | わたしのかわいいおばあちゃんの息子さ~んの最愛の人 | CM(17) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。