スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
禁句「プラトン」
- 2006/01/04(Wed) -
アマティの新学期第1日目

しっかり寝坊した私達・・・・
寝てて欲しい休みの日なんかは朝早くから起きだしてくるアマティも
今日に限って起きてこなかった

私達夫婦の中ではアマティがいるから大丈夫、起こしてくれるとどこかで思ってる訳で
アマティは私達の目覚まし時計な訳で
今日は本当にびっくりした

幸いな事にアマティのプリスクールは朝食とランチ付きなので支度をさせ
ハズが車で送っていった。
はあーーーーーー初日からあせりまくり・・・・・・・・

そして
アマティがいないと妙に静か、、、、、、
夢は一人でよく遊んでるので
今更なのだが新年の誓いなるものをたててみた。

いろいろいろいろいろいろいろいろ・・・・・・・・とあげれば切りがない

その中で筆頭にあげたのが
本をたくさん読むこと

読書は私の趣味のひとつ
出産前までは良く本を読んでいたが
出産後本は私の睡眠剤になってしまった。
小さい子供がいるとなかなか読書ができない。読書ができるのは子供が寝静まってからという事になる。
そしていざ読み始めると1、2、3行・・・・1、2、3行を繰り返し繰り返し読んで
はい、夢の中へさようなら~

でも読みたいからと本を買い、本は命のハズからもプレゼントされ
たまってきた本はこのとおり!
P1000133.jpg
一番手前の「Snow」はハズからのクリスマスプレゼントのひとつ。
ずっと欲しかった本なので早速読み始めた


そして
P1000151.jpg
哲学者プラトンの本
これは付き合い始めてからすぐにプレゼントされた本
未だに読んでない・・・・・罪悪感

この本をもらった時は正直いって「えっプラトンですか?」って感じだった。
だってたかがプラトンされどプラトンなのである。
私にとっては教科書でしかみたことのない名前プラトン

この本をもらった前日にハズは「愛」について熱く語った。
その時この本の中の「響宴 Symposium」からの文章を引用した。
今となってははっきりどれだったか覚えていないが私はそれをとても気に入った。
(なのに覚えてないってどういうことって気にしない様に!)
なのでハズは早速翌日、本屋に駆け込んでプレゼントに本を買ったと言う訳だ。

しかし、もらった時点であまり嬉しそうな表情を見せない私。
うぶで純情だった私は(なにか?)がんばって「ありがとう。大事にするわ」とは言った。
だけどその後共通の友人と「プラトンなんて・・・」と笑ってしまった。
そして喧嘩勃発!この本はずっと封印されることとなった。
触れてはならない話題・・・・・
二人の間ではプラトンは禁句となった。

時間を経た今、本棚からこの本を見つけたので開けてみた
本の周りが変色して古びた姿となっている。
だけど今年はこの本を読んでみようと思う
一体ハズは何と言うのだろうか・・・・・きっとハズの気持ちを踏みにじり傷つけてしまっただろう私に・・・・(しんみ~り)
哲学者になったりして私。
えっっそれはないって?わかってますってーーーー。


今日も最後までのおつきあいどうもありがとうございました。
さよなら~の前に励みのクリックをいただけるととっても嬉しいです!
Click Herebanner_02.gif

Thank You!
スポンサーサイト
この記事のURL | 国際結婚 私たちカップル録 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。