スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
テレビ病院
- 2005/10/03(Mon) -
DVC01124.jpg


夢のエルモと仲良く遊んでいるアマティ
「なにやってるの?」


今日もトルコの想い出をひとつ。

ホテルに長期滞在をしていた時のこと。

親日家のトルコ人達には本当に良くしてもらった。

「ジャポン」という愛称で呼ばれていた。

しかし、困ったことに

彼らって

日本人ならだれでも電化製品の修理ができると思っていて

ホテルの近くの家の人は

「テレビが壊れたからジャポンを呼んでこい」だの

「冷蔵庫の点検をしてくれ」だの

ホテルにいつも私を訪ねてきて大変だった。

まあ一番最初がホテルのリモコンの修理。

っていうかリモコンがかっぱーとはずれたので

はめ直しただけなんだけどさー。

それからうわさが広がって

「ジャポンに電化製品を見てもらおう。」なる動きに変わったのである。

もちろん無理。そんなのできるわけがない。

「病院に連れて行ってください。」で終わらせた。

そうトルコには「テレビ病院」というものが存在していた。

要するに修理屋さんのことなんだけど結構かわいい呼び方だと思っていた。

そしておもてなしが大好きなこの国の人々、

できなくてもいろいろなおもてなしをうけた。

食事に音楽にダンス(までも)

なんだか申し訳なかったが楽しかった日々。

あーなつかしいなー。


DVC00887.jpg

態度も身体もBIGな夢


Click Herebanner_02.gif
Thanks a lot!
スポンサーサイト
この記事のURL | トルコの想い出 | CM(13) | TB(0) | ▲ top
バックパッカーのホテル探し
- 2005/10/03(Mon) -
ニュージーランドの親友からの電話!

彼とはトルコのホテルで会って以来の真の親友である。

いや~あの頃は実に冒険な毎日だった。

日本を含む世界からの(主に)バックパッカーに出会った。

そう、私もバックパッカーだったのだ。

泊まるホテルといえば格安ホテルばかり。

あの頃で5ドルとかかなー。奮発して7ドルとか。

もちろん2ドルとかでもなくはないが、すごい。

倉庫とか大人数で部屋をシェアーしたりね。

私のびっくり体験はギリシャにいった時。

客引きのおじさんに(この人たちは駅やバス停で旅行者を待ち受けてる。
私は結構利用させて頂いた。うっとーしーような人も多々だけど)

5ドル以上は出せないっていったら大丈夫とかいって

シャワー、ブレックファースト、プール付きの条件で

ホテルへ。

ホテルについてみるとなんか豪華なシャンデリアとかあって

こんなところで本当に5ドル?って喜んだ。でも、連れていかれたのは

プールサイドの小屋だった。

もう夜の11時くらいだったのでそこに泊まった。

こんなん5ドルもだすのいやーっていったら4ドルにしてくれた。

確かに朝、プールサイドの食事、ホットシャワーはなかなかだった。

ホットシャワーがないで当たり前のホテルも多いから、なんかリッチな気分になった。

なつかしいなー。

こんな私も今じゃー母してるんだもの。人生っておもしろいね。


DVC00867.jpg



Click Herebanner_02.gif
Thanks!
この記事のURL | トルコの想い出 | CM(7) | TB(1) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。