スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
納豆協定
- 2005/09/20(Tue) -
DVC01006.jpg


腰が痛~い,動けな~い。

みなさんからのお叱りのお言葉。
バスケなんかやってる場合じゃない。
ごもっともでございます。
その代償がこのこの激痛
涙もながれんばかりの痛み。。。。。


一旦家を後にしたハズも帰ってきた。
「こんな状態の君をおいてはどこにも行けないよ。」
うーん,SWEETじゃーございませんか?
「今すぐにベットに寝ておきてちゃーだめだ。」
とちょっと厳しい管理体勢。
「厳しくしないとまた動くかもしれないから。」
だからー、動くなんてことはできないのよ,今日は。
ほぼ一日をベットで過ごすがこれも結構つらかった。

ハズはメールで大学で教えているクラスを全てキャンセルした。
メールなんて便利なものがあって良かった。
その昔じゃー連絡網を電話で回すとかだったろう。
ハズの朝一のクラスは7時30分から(アメリカの朝は早い。)
だから電話じゃー大変だった。

アマテイの送り迎えに夢の世話。
自分の勉強もあるし、ハズにとってはいつもに加えて
忙しい一日になった。はい、おつかれさまでした。
夕ご飯は作る気力もなくなったのだろう。

「今日の夕ご飯何にする?」
「どこかに食べに行こう。」
「私は子供達の世話はできないよ。」
「。。。。。。。。。」
「どうする?」
「家で食べよう。」

こんな会話のもと決まったのが
ご飯
お味噌汁
サラダ
それにプラス納豆(私と子供達のため)
というシンプルすぎる夕ご飯になった。

子供達は(特にアマテイ)はこんなメニューが大好きなのである。

ハズと私の間には
納豆協定
なるものがある。

納豆を食べた日は私がすべてを片付けるのだ。
彼は納豆がついたものは子供達でさえ触らなくても良いという
取り決めがある。
そう、ハズは納豆が苦手。
見た目、匂い、味ともにだめらしい。

しかしながら今日はその協定もさておき
ハズが全ての片付け担当である。
ハズは鼻をおさえつつ悲鳴をあげつつ納豆の始末をしていた。
はい、おつかれさまでした。

ちょっとは良くなったように感じる私は
「痛いの痛いの飛んで行け」
をしてくれた夢の写真をなんとか撮る事ことができた。
ちょっとブレてはいるが、、、、、。
DVC01003.jpg



DVC01004.jpg

 
ありがとう,夢!
明日は腰がよくなっていますように。。。。。

click Herebanner_02.gif
Thanks!
スポンサーサイト
この記事のURL | 国際結婚 私たちカップル録 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。